iMac (27-inch, Late 2013)が重かったので、メモリを増設しました

数年前に買った27インチのiMac。
購入時にメモリ容量を増やすことも出来ましたが、Appleのオンラインストアでメモリを増やすと金額が跳ね上がるので、最低の8GBで今まで使っていました。

とりあえずはメモリ解放アプリの「FreeMan」を使いながら何とか使ってきましたが、流石にPhotoshopを使っているとメモリ不足から動作が重くストレスが溜まるので、ついに・・・というかようやくメモリを増やすことにしました。

増設前のiMacのメモリ

macではメニューバー左にある「リンゴマーク」>「このMacについて」を選択し、「メモリ」タブを開けばどのくらいの容量を積んでいるのか確認できます。標準では4GBのメモリが2枚刺さっていますね。ちなみにこのiMacの場合、8GBのメモリを4枚用意すれば32GBまでメモリを増やすことが出来ます。

購入したメモリ

「W3N1600PS-L8G」というノートPC用メモリで、容量は8GB×2枚の計16GBのものになります。
ヨドバシで税込み¥14,420でしたが、ポイントが10%付いてくるので実質¥12,978でした。

iMacメモリを購入する時の注意点

IMac用のメモリを買う時は以下の点に注意が必要です。
・ノートPC用のメモリ(SO-DIMM)を選ぶ
・周波数はDDR3-1600(PC3-12800)の製品を選ぶ

iMacはデスクトップPCですが、普通のデスクトップ用メモリは刺さらないので、ノートPC用であるSO-DIMM規格の製品を使うことになります。大きさがデスクトップ用と比べて半分ほどなので、見れば分かると思います。

もう一点はメモリの種類と周波数を揃える必要があります。iMac Late 2013の場合はDDR3-1600と表記されているものが必要です(PC3-12800と書かれていても問題ありません。通常は併記されてると思います)

Appleの公式サポートサイトでは、どのメモリが取り付けられるのか書かれているので、購入前に目を通しておくことをオススメします。

Amazonでは以下のようなメモリも扱っており、レビューなど見る限りこちらでも問題ないようです。

購入したメモリを取り付けます

それではiMacにメモリを取り付けていきます。

macをシャットダウンし、電源ケーブルを抜く

macをシャットダウンしたら、ディスプレイに傷がつかないようテーブルに何か布のようなものを引いて、その上にiMacを倒して電源ケーブルを抜きます。ケーブルを抜くと、コネクタの上に何かボタンのようなものが見えます。

ボタンを押し込んで、蓋を外します

コネクタ上部のボタンをグイっと押し込みます。最初は指でやってみたのですが、これが結構固くてなかなか押し込めなかったので、金属の棒を押し込みました。ここはボールペンなど何かあったほうが良いと思います。奥まで押し込むと、蓋が浮き上がります。

蓋を外すとメモリが見えます

蓋を外すと、メモリが見えてきます。4箇所指す場所があって、その内2つは最初から刺さっています。

メモリ側面にあるレバーを両側に広げると、メモリが刺さっているボックスが手前に出てきますので、これに購入したメモリを挿していきます。

パッケージからメモリを取り出します

パッケージからメモリを取り出します。メモリを触る前に、体にたまっている静電気を放電させておいた方が安全なので、何か金属に触れて静電気を逃しておくと良いでしょう。

空いているスロットにメモリを取り付けます

空いているスロットにメモリを取り付けていきます。指す方向を間違えないようにして、押し込むとグサッと差し込みます。

終わったらレバーを戻し、蓋をしめます

両方ともメモリを挿したら、側面のレバーを戻し蓋をしめます。

macを起動し、メモリを認識しているか確認

作業が終わったら元通り電源ケーブルを挿し、macの電源を入れます。ちゃんと増設したメモリを認識しているか確かめるために、メニューバー左の「リンゴマーク」>「このmacについて」内のメモリタブを見ます。

無事に8GB×2が認識され、トータルで24GBになっている事が確認できました。

念のため、ハードウェアチェックをしておく

メモリが認識されていれば基本的に問題ありませんが、メモリ自体に不具合が無いか念のため確認しておく事をオススメします。「Rember」というメモリチェックアプリを使う方法や、「Apple Hardware Test」と言うApple純正のハードウェアチェックツールを使う方法があります。

自分は「Apple Hardware Test」でチェックしました。方法はApple公式サポートサイトにも案内がありますが、macを「D」キーを押したまま再起動するという方法です。チェックにはしばらく時間がかかりますが、特に自分の場合問題はありませんでした。

メモリを増設して快適に

実際にメモリを増設して、今まで行っていた作業をしてみました。photoshopを使った作業は今まで大きなファイルを開こうとすると時間がかかっていましたが、それがかなりサクッと開くようになりました。でphotoshopとブラウザを立ち上げた状態で「アクティビティモニタ」を見てみると、使用済みメモリが14GBを超えているので、やはりそもそも8GBじゃ全然足りていなかった事が分かります。当初は8GBを増設して16GBにしようかとも思いましたが、結果としては16GB増設して良かったと思います。もっと早くやれば良かったなぁ。