bootcampで動かしてるwindowsにドライバがインストール出来ず音が出ない時の対処法

自宅のiMacにwindowsを動かそうと思い、bootcampでwindows10を入れてみました。windowsのインストール自体は問題なく完了したものの、ドライバのインストールが上手くいかず、音が出なかったので対処法を調べました。

普通にドライバをインストールしてみる

153_01

まずは普通にドライバをインストールしてみます。インストールメディア内の「BootCamp > Setup.exe」を実行します。

153_02

その後インストールが進んでいきますが、なぜか「RealTek オーディオ」まで行くと必ずそこで止まり、インストールが完了出来ませんでした。

当然ドライバのインストールもされず、音が出ないままなので対処法をネットで調べてみると、同じ現象が出ている方の解決策が載っていました。

RealTekフォルダを一旦デスクトップなどに移動させる

153_03

インストールで引っかかってるRealTakを一旦、デスクトップなどに移動させます。「BootCamp > Drivers」の中に「RealTek」というフォルダがあるので、フォルダ毎移動させます(コピーじゃなくて移動)。

153_04

移動させた後、再度「BootCamp > Setup.exe」を実行します。すると何事も無く、インストールが完了。再起動を求められるので再起動させます。

153_05

再起動後、移動させた「RealTek」フォルダ内にある、「RealtekSetup.exe」を実行し、オーディオドライバをインストールします。

この方法だと引っかかる事も無く、オーディオドライバが正常にインストールされ、音が出るようになりました。