WordPressで自動で作られるサムネイル画像のサイズ変更方法と、再生成方法

WordPressでは画像を追加すると、自動的に複数の画像が生成されます。ここでは生成される画像のサイズ変更方法と独自のサイズを追加する方法、一度作られた画像を再生成する方法をご紹介します。

WordPressに画像をアップロードすると生成される画像

デフォルトでは、WordPressに画像をアップロードすると以下の画像が自動的に生成されます。

名前 サイズ
サムネイル(thumbnail) 150×150px
中サイズ(medium) 幅・高さの上限が、300px
大サイズ(large) 幅・高さの上限が、1024px
medium_large 幅の上限が、768px

「サムネイル」「中サイズ」「大サイズ」はWordPress管理画面より変更が可能です。

「設定 > メディア設定」より、この値を任意に変更することが出来ます。
「medium_large」に関しては特殊なので、別記事にて紹介します。

デフォルトの状態で画像をアップロード

記事投稿画面より「メディアを追加」を押して、画像をアップロードしました。
元の画像ファイルは「幅5000px × 高さ3333px」というかなり大きなサイズでしたが、自動生成されたものは中サイズなら「幅300px × 高さ200px」といった風にそれぞれの上限値にそって縦横比を維持したままリサイズされています。

設定を変更し、同じファイルをアップロードし直してみる

それでは、試しに「設定 > メディア設定」より数値を変更して、同じファイルをアップロードし直してみます。
中サイズの幅・高さの上限を600pxに変更しました。

中サイズの幅が設定した上限値の600pxになっている

同じ画像をアップロードし直してみました。設定通り「中サイズ」の幅は600pxを上限にリサイズされています。

幅・高さのどちらかだけ制限したい場合

例えば、縦長の画像を大きく見せたい場合など「幅は制限するけど、高さは成り行き」といった画像を作りたい場合があると思います。その時は「設定 > メディア設定」に入力する値に0を入力すれば実現できます。

縦に長い画像をアップロードしました。幅は600pxになっていますが、高さは縦横比を維持しているので、899pxにリサイズされているのが分かります。

既にアップロードした画像のサムネイル画像を再生成する方法

上記のメディア設定を行っても、有効になるのは設定した後にアップロードした画像からです。既にアップロードしてしまった画像のサムネイル画像を再生成したい場合は、プラグインを使うと簡単に行なえます。

最も有名なプラグインは「Regenerate Thumbnails」で、このプラグインを使うとボタン一つで今までの画像全てのサムネイルを自動的に再生成してくれます。

「Regenerate Thumbnails」で検索して、インストール > 有効化をします。

有効化すると「ツール > Regenerate Thumbnails」が追加されていますので、選択します。「Regenerate Thumbnails For All ○○ Attachments」と書いてある青いボタンを押すだけで、すべての画像のサムネイルが自動的に再生成されます。