先日、自分が借りているVPSサーバのOSをCentOS6.5から7にアップグレードしようと思い立ちました。
単純に新しいものが使ってみたかったのと、コマンド周りにも色々と変更が加えられているので、新しいコマンドに慣れておきたかったという理由からです。
CentOS6とCentOS7の比較表

方法はCentOS6.5 ➡ Centos7にアップグレード辺りを参考にしてアップグレードを進めていき途中までは順調に見えたのですが、再起動したあとカーネルパニックに陥ったみたいで立ち上がらなくなってしまいました。

レスキューモードでGrubリカバリを参考に、さくらのVPS管理画面からリカバリーモードで起動してみます。その後、
CentOS7のkernelアップデートが失敗する
CentOS 6.5→7.0 Upgrade(サーバー機)
の様な方法を試してみますが、直る気配が無かったので、仕方なくCentOS7をクリーンインストールすることにしました。
そこで気づいたのが、wordpressのバックアップを取るのを忘れていたという事。
HTMLなどのソースファイルはローカルにあるので、消えても大丈夫だと思っていたのですが、wordpressのDBデータだけはバックアップしていませんでした・・・。

CentOS7のインストールとセットアップはなんとか無事終了し、wordpress以外にいくつかあったサイトも復旧はできたのですが、DBはからっぽなのでまた一からのスタートとなりました。バックアップの重要性を改めて思い知った今日このごろです。