作業中は何かしら音楽やラジオなどを聴いているという方も多いと思いますが、そっちに意識が奪われてしまい、肝心の作業があまり進まないという経験はありませんでしょうか。

自分もよく作業中は「radiko」や「作業用BGM」なんかを聴いていることが多いのですが、ちょっと気になる曲がかかると手が止まって、その曲を検索し始めたりしてあまり作業が進まない、、、なんて事がよくあります。

かと言って、無音で黙々と作業しているというのも苦痛だし、つまらない。。そんな場合に使えるのが、「カフェの音」や「雨の音」などの「環境音」です。

実は研究によって、図書館のような静寂した環境より、ある程度ざわついたカフェのような空間の方が創造性が高まり、クリエイティブになるという結果が出ているそうです。

実際にカフェに行ければ良いですが、常にカフェで仕事できる人なんてなかなか居ないと思います。そんな時に試してみたいのが、「環境音を流してくれるWEBサービス」です。これらを駆使すればどこに居ても集中力や創造力を高め、クリエイティブになることができるかもしれません。ここではそんな環境音が聞けるWEBサービスを幾つか紹介します。

Coffitivity

Coffitivity

環境音系の紹介で必ず出てくるCoffitivity。カフェのちょっとざわついた感じの音が流れてきます。「Morning Murmur」「Lunchtime Lounge」「University Undertones」の3種類の音源が用意されており、プレミアム会員になると更に3種類の音源を聴くことができます。
また、iOS、Android向けにアプリもあります。

Rainy Mood

Rainy Mood

こちらのRainy Moodはリアルな雨の音が流れ続けます。遠くで雷の音が鳴るなど本当に雨の日のようです。雨の音って結構落ち着きますもんね。デザインもシンプルで音量調整ボタンとシェアボタンがあるだけです。また、音楽と一緒に鳴らす事をオススメしており今日の音楽としてyoutubeの音源とミックスして聴くことができます。
有料ですが、iOS、Android向けにアプリもあります。

soundrown

soundrown

全体的にデザインがオシャレです。「コーヒーショップ」を始め、「雨の音」や「波の音」「電車の音」など10種類の音源が用意されており、それぞれの音をミックスできます。

Jazz And Rain

Jazz And Rain

こちらも雨の音が流れますが、そこにJAZZをミックスすることができます。「雨」と「JAZZ」ってすごく渋い・・・。JAZZの音源が豊富に用意されているので、純粋にJAZZを楽しむ事もできます。
iOS向けにアプリも用意されています。

Rainy Cafe

Rainy Cafe

こちらは「雨の音」と「カフェ」のミックスが楽しめます。一言で「カフェ」と言っても場所によってやはり雰囲気が違っていますね。

Noisli

Noisli

フラットなデザインがおしゃれなサイトです。雨の音など定番の音から、ホワイトノイズまで16種類の音源が用意されており、それらを自由にミックスできます。また「Productivity(生産性)」「Relax(リラックス)」など予めプリセットが用意されているので、ボタンを押すだけで音源を組み合わせていい感じのBGMにしてくれます。
有料ですが、iOS、Android向けにアプリも用意されています。

SNOWY MOOD

SNOWY MOOD

あまり他のサイトにはない「雪の上を歩く音」が流れます。雪が降らない地域の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、降り積もった雪の上を歩く音って確かに適度なノイズなのかもしれません。なんとなく実家を思い出しましたw
これに風の音とか組み合わせたらもっといい感じになるかもしれませんね。

August Ambience

August Ambience

夏の夜をイメージした様な音がながれる「August Ambience」。田舎の夏の夜って感じがしてリラックスできます。

Relaxation audio

Relaxation audio

まさにリラックスしたい人のための環境音がこれ。森の中にいるような鳥の鳴き声が聞こえてきます。一旦手を止めて、この音で休憩するのも良いかもしれません。

たまには環境音で仕事をしてみるのも良いかも

普段は音楽ばかり聞いているという方も、たまにはこんな「環境音」を聴いて仕事してみるのも良いかもしれませんね。